ハープ用オーバードライブ Attack Harp Company Blues Wolf Lone-その他


Lone Wolf Blues Company Harp Attack ハープ用オーバードライブ

Lone Wolf Harp Attackは真のパワーチューブディストーションを作るためのペダルです。
このペダルは、三極管を使った一般的なチューブプリアンプとは違い、超小型ビームパワーチューブを用いたペダルです。この真空管は6V6や6L6パワーチューブと同タイプの歪みを作ります。
ファットでパンチのあるトーンが特徴で、その音色は3つのノブにより自在に調整が可能です。
また、クリスタルマイクをはじめ、ハイインピーダンスマイクにも適合する10MΩのインプットインピーダンスのインプットバッファを装備しています。
Driveコントロールでパワーチューブのサチュレーションを調整し、アクティブToneコントロールはハープ用にチューニングし、20dBのレンジを持ちます。Volumeコントロールでアウトプットレベルを調整します。ペダルのアウトプットにはFETアンプによるバッファーがかかります。

Harp Attackはハーププレイヤーの様々なニーズに応えます。例えば、ペダルで本物のパワーチューブドライブサウンドが作れるのでPAに直接アウトプットする際にもベースマンを始めとしたチューブアンプの歪みが得られます。Harp Attackはソリッドステートアンプでも素晴らしいチューブアンプサウンドを作り、持ち運びも手軽でハープアンプをバックアップします。
ペダルはハイゲインな歪みは作らず、スムースなオーバードライブトーンが特徴です。ハープケースに入れてジャムに持ち歩いたり、複数のペダルを組み合わせて自分だけのハープトーンを作るのにも最適です。

Harp Attackは、エフェクターの中で最後に接続することでパワーチューブサウンドに近い音色となりますが、どのように接続するかはプレイヤー次第です。実際、ヨーロッパツアーではHarp Attackを使用するプレイヤーが増えつつあります。

※超小型ビームパワーチューブはマイクロフォニックな特性で、バイパススイッチの操作時などにノイズが出る場合がありますが、その音量は最小限に抑えられ、またすぐに消えます。楽曲を演奏中はできるだけペダルを蹴飛ばしたりしないように注意してください。実際、プロフェッショナルの現場や実際のツアーでも使用されていますが、特に支障なくお使いいただいています。。

ハープ用オーバードライブ Attack Harp Company Blues Wolf Lone-その他

ハープ用オーバードライブ Attack Harp Company Blues Wolf Lone-その他

10

ユカイ工学は、家族間のコミュニケーションをつなぐ見守りロボット「BOCCO(ボッコ)」と連動し、外出先から鍵の […]

ハープ用オーバードライブ Attack Harp Company Blues Wolf Lone-その他